僕の好きなアーティスト3

さぁ!!二ヶ月ものお休みをもらったからかくぞ~。



でも実際ネタ切れですが

で、今日書くことは
BLANKEY JET CITY(以下、ブランキー)」についてです。

・・・・でも、あまり詳しいことはかけないのですが頑張ります。
浅井健一さんが入っていたことで有名ですよね。
ブランキーを知ったきっかけはパソコンのライブラリにベスト版が入ってて聞いたのがきっかけです。一番は

「赤いタンバリン」です。登校途中に聞いていると
テンションがアゲアゲ上がります。
なんといっても魅力的なのは浅井さんのシャウトです。
「SPAGHETTI HAIR」と言う曲もシャウト満載です。
今耳コピをしている最中です。
(結局は楽器屋行ってバンスコを立ち読みして覚えていますが)
このパーティチューンが好きです。


ん?今日は25日。テストは6月5、6、7日。

( ´д)ヒソ(´Д`)ヒソ(Д` )
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
テストの

バカーヾ(゚д゚)ノ゛

スポンサーサイト

2006/05/25 20:19 |アーティストCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

あちゃ~

二ヶ月も更新せずにすいません。
もう誰も見ていないとは思いますが、
更新を再開します。

もう新鮮味がありませんが、研修旅行について書きます。
写真はまだうpできないので文章のみです。ごめんなさい。

ドイツの町並み・・・日本とはまったく建て方が違う建物が多かったです。なんというか・・・絵に描いたようなファンタジー溢れる町並みと言えばいいのでしょうか?おとぎ話に出てきそうなところが多かったです。そして、午後六時以降は仕事をしないという法律があるので、夜は意外と静かでした。不気味な程。あと、車でホーフ市内(ホームステイ先)を走っていると

店がどこもやっていない
先ほど行った午後六時以降は仕事をしないという法律に関連してか、
確か日曜日がどの店も閉店するという法律があるそうです。
ただし、病院は当然例外です。
商店街は何の祭りでもないのに出店が多く、いろんなものが売っていました。

ホストファミリーについて・・・本当にいい人たちでした。
そのホストファミリーには14歳の子供がいて、
僕と趣味がとてもあっていました。
彼も僕と同じようにギターをやっていて一緒にセッションをしたりしました。彼はレッチリが好きで、僕も結構好きなほうなのでレッチリの曲を一緒に練習したりしました。彼の部屋にはいろんなポスターがありなかでも一番驚いたのは

カートコバーンのポスターがあったことです。
彼がもう死んでからもう十二年。今でもポスターに映っているような顔で曲を歌ってほしかった。そう思うと、あの時も、今でも泣きそうになります。そして彼の友達は近所にいてそこに遊びに行ったりもしました。歳は十二歳と十八歳と離れていましたが、まるで同じ歳のように話し合いました。恋のこととか、友達のこととか、日本のこととかなど。
でも僕は半ば内容が理解できないところがあり、適当にあいずちを打ってしまい、変な誤解を生みそうになりました。やっぱり、話すことより

理解することが大事と思いました。恥ずかしい。
そしてホストファミリーが連れてってくれたところは隣の国のチェコに連れてってくれたことが印象深いです。入国する際になぜか僕のパスポートだけが帰ってくるのが遅いのをみんなで笑っていました。
そして着いたのは温泉を飲むところです。健康にいいというので飲んでみると

・・・・悶絶!!「うわー!!まずい!!!}
詳しく言うと鉄臭い、ピリピリする、すっぱい、塩辛い。
とにかく最強のまずさです。
でもすぐ隣に普通の水があったので助かりました。
因みにホストファミリーも「まずい」といってました。
(あんなのをおいしいというのは味オンチであろう)
食事は殆どがパンとソーセージとハムぐらいでした。(朝食と夕食)
ドイツの人は昼をしっかり食べるので昼はスパゲッティボロネーゼ、魚をまるまるフライにしたもの、牛肉を特別なソースで煮込んだものとポテト、ラビオリ、など豪華なものばかりでした。(写真はありません。ホントスイマセン。
味の共通点は結構塩が多いものが多いことです。味が濃いと思ったら「これは普通だよ」と言われ、「日本食は口に合うのかと思いました」
しかし、夕食時に吸い物と味噌汁を作ってみると苦いと言う声もありましたが、「おいしい」と言ってくれたので良かったです。
それと、チョコ菓子の甘さがハンパなく甘い。これは少しきつかったです。

一週間と長いと思ったらすごーく短かった日々。
僕は彼らともう一度会いたい。泣けてくる。
BGMがカーペンターズの「Rainy Days And Monday」だからなお泣けてくる。そういう機会ないかな~。何もかもが懐かしいぜ。

続きを読む »

2006/05/20 23:36 |生活COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |